為替変動リスクは、外国為替相場が時々刻々と変化することが原因のリスクとなっています。

為替リスクがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市場経済であれば、市場の動きに影響を受けることは、実に当たり前のことでしょう。
むしろ、自由であるからこそ、そういう思いもよらぬ動きに影響され、なおかつ、それが競争を促進し、経済が成長して行くとも見られています。
外貨投資の為替リスクも、そういう市場原理ゆえのリスクとも言えます。
外貨は、外国為替相場で取引がなされ、時々刻々と相場が変化します。
日常、為替レートとして、日々のニュースで伝えられますが、外国為替相場の状況は、そんな為替レートによって、示されます。
円高あるいは円安という言葉は、多くの人がご存知でしょうが、今は円高時代でもあります。
輸出産業にとっては、あまり好ましい状況とも言えず、少しでも円安を望んでいるようです。
それは、実質の円の価格が高いため、外貨を円に交換した時、収益が上がることが見込まれるからです。
けれども、円高であれば、その逆であり、そういう状況であれば、むしろ、外国に拠点を移した方が、会社に利益になると考えるようです。
こういうことから、あまりにも、円高が続けば、産業構造の空洞化を招くとも指摘もあります。
けれども、この記事でお話しているように、外国為替相場は、時々刻々変化し、そのため、為替リスクが存在します。
最近になって、円安状態となり、輸出業者にとっては、喜ばしい自体となりました。
けれども、その状態はあまり続かず、結局、1ドル80円台を切りそうなところまで、揺り戻されているようです。
いずれにせよ、外貨投資には、為替リスクがあります。
上記で述べたように、円安になったと思っても、すぐに反動が訪れます。
むしろ、投資とは、そういうリスクを常に抱えていると考えていた方が、賢明なのかもしれません。

Copyright (C)2017外貨に投資する前に学びたいリスクの知識.All rights reserved.