金利においても、変動の可能性があり、リスクの一部と考えられています。

金利変動もチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金利で得る収益が、副次的なものです。
商品の主要なものが、キャピタルゲインにつながれば、インカムゲインとしての金利は、微々たるものかもしれません。
しかし、そうであるからこそ、塵も積もれば山となる、と言え、些細なことでも、収益となることは、重要なことでしょう。
外貨投資の中には、こういう微々たることが、収益となるものがあります。
たとえば、外貨預金は、為替変動もさることながら、金利も収益となります。
むしろ、預金という性格があるため、金利は大事な収益方法の一つです。
また、FXにおいても、金利差益が生じるため、それもまた、大事な収益の一つです。
けれども、金利も、変動し得るものであり、原因には、市場の影響と政策転換とがあるようです。
金利は、別の市場で取引され、債券であっても、同様です。
住宅ローンの中には、変動金利というものがありますが、これは、市場の影響を受ける金利となっています。
時々刻々と変化するため、金利益も変わって来るようになっています。
また、外貨であれば、金利が政策の一部として決定されることもあります。
もちろん、実際の金利の率を決めるのは、概ね中央銀行でしょうが、政府が一定の枠組みを決めることもあります。
したがって、外貨投資を行っている場合は、外国の経済情勢などにも耳目を傾けておくことが大事です。
このように、金利は、市場と政策の影響を受け、それによって、収益も変わって来ます。
この点も、外貨投資においては、重々承知しておくべきことでしょう。

Copyright (C)2017外貨に投資する前に学びたいリスクの知識.All rights reserved.