外貨投資も、国内の法律改正などによって、大きな影響を受けているようです。

法律などの変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日常生活の隅々まで、法律が関係しています。
もしかしたら、法的解釈できない行為はないのでは、という程、細かなところまで、法律が行き届いているようです。
たとえば、スーパーの買い物でも、意思の合致による契約の成立と解釈できるようです。
投資においても、こういう法律が関わっています。
外貨投資であれば、外為法が大きく関係していますが、今日のように、個人投資家が外貨投資をできるようになったのも、外為法が改正されたからです。
それまでは、機関投資家が行うべきものとされ、規制緩和措置が、今日のような身近なものとさせました。
それも、法律が変更されたからです。
仮に外為法が改正されなければ、今日のようなことはなく、結局、法律が基本となっているということです。
また、法律と関連し、税制も、法律に基づいています。
税制度が変われば、投資にも影響を及ぼす可能性がありますが、それもまた、法律変更のリスクと見なせることができるでしょう。
現に、2008年の世界同時不況をきっかけに、FXのレバレッジ規制が行われました。
これは、法改正も伴っていたようですが、個人投資家に限って、25倍までのレバレッジとなっています。
仮にこれがなければ、今でも100倍のレバレッジを利用できるようになっています。
このように、法律などが外貨投資にも関係しているため、常にニュースなどに、耳目を集めておくことも大事です。
そうすることで、効果的な投資を行うことができるようになるのかもしれません。

Copyright (C)2017外貨に投資する前に学びたいリスクの知識.All rights reserved.