外貨投資の代表的なものでは、外貨預金、FX、外貨MMFなどになるようです。

外貨投資の商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このサイトの中でも、いくつか言及していますが、外貨投資にも、種々の商品があります。
いずれも、金融機関などから販売され、各投資家が商品を買う形で、投資に参加していることになっています。
そんな種々の商品の中でも、外貨投資の代表格は、外貨預金になるでしょう。
円建て預金と同様であり、普通、定期、積立の三種が主要なものです。
長期的な投資であり、短期型の投資に比べれば、リスクが少なく、初心者が扱いやすい投資と言えるのかもしれません。
また、FXも今では代表的な外貨投資となっています。
金融派生商品の一つであり、証拠金制度とレバレッジが特徴の一つです。
信用取引であるため、担保のような証拠金を業者に支払うことで、取引が成立します。
常に市場と連動しているため、見込み損益が高くなれば、強制決済される可能性もあり、その点については、注意が必要です。
また、レバレッジを効かせれば、少額でも多額の取引が可能であり、損益にも反映されます。
そのため、ハイリスク・ハイリターンの商品としても、広く知られているようです。
これらのほかに、外貨MMFも、現在、人気の外貨投資のようです。
短期型の投資信託であり、多忙な人の投資として、注目を集めています。
以上のほか、外国株式、外国債券も、外貨を利用すれば、外貨投資の一種です。
さらに、海外不動産などを日本にいながら購入できますが、外貨建てで購入するようになれば、投資対象とすることもできるようです。

Copyright (C)2017外貨に投資する前に学びたいリスクの知識.All rights reserved.